【ケンブリッジ大学】ネイティブのIt’s timeの使い方を学ぼう【イギリス英語】

ネイティブのIt’s timeを学びたい人に必見の内容です「ネイティブのIt’s timeの使い方が分からないなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学イギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

話は変わりますが、、、最近YouTubeチャンネルを開設しました!英語のリスニングがてら、暇なときに動画をお楽しみください。リンクはこちら→https://youtu.be/Ub6xP8brmOE

✔️本記事の内容

  • It’s timeの使い方①
  • It’s timeの使い方②

この記事を書いている僕は、海外旅行が大好きで20か国ほど旅行しました。イギリスとオーストラリアで3年間の海外留学の経験があり、今はハワイに住んでいます。

そんな中ボクの人生を変える「1冊の魔法の教科書」に出会いました。 今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。

It’s timeの使い方①

こちらの例文を見てください。

It’s time for us to go home.

私たちにとって帰宅するときだ。

それでは分かりやすく説明していきます。

例文のように、私たちにとって帰宅するときだと「選択」について話ていますよね?なに何をするときだと表現したい時は、It’s timeの文法を使って表現しよう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

It’s timeの使い方②

こちらの例文を見てください。

It’s time they were here. why are they so late?

彼らはここについているはずだ。なぜ彼らは遅い?

それでは分かりやすく説明していきます。

例文のように、彼らはここについているはずだと「確信」について話ていますよね?なに何のはずだと表現したいときは、It’s timeと過去形の文法を使って表現しよう。

✔️覚えておくと良いポイント①

It’s timeと過去形を一緒に使うときは、現在のことを表すので覚えときましょう。それらはすでに起こっているという不満のニュアンスになります。

✔️覚えておくと良いポイント②

It’s timeの代わりに、It’s about timeの文法も使えるので覚えときましょう。ニュアンスとしては、It’s timeよりも強めの不満の表現になります。

このようにケンブリッジ大学のイギリス英語のテキストには説明してあります。

日本の学校では習わないケンブリッジ大学の教科書に基づいたイギリス英語の内容なっています。

今回も、ボクの記事を読んでくれてありがとうございました。Thank you, Yuki.

 

 

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です