【ケンブリッジ大学】Shouldn’t have doneとOught toを学ぼう【イギリス英語】

Should have doneとOught toを学びたい人に必見の内容ですshould have doneOught toの使い方が分からないなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学イギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

少し話は変わりますが、最近YouTubeチャンネルを開設したので英語のリスニングがてら僕の動画をお楽しみください。

✔️本記事の内容

  1. should have doneの使い方
  2. ought toの使い方
  3. 練習問題

この記事を書いている僕は、海外旅行が大好きで20か国ほど旅行しました。イギリスとオーストラリアで3年間の海外留学の経験があり、今はハワイに住んでいます。

そんな中ボクの人生を変える「1冊の魔法の教科書」に出会いました。

今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。

should have doneの使い方

こちらの例文を見てください。

You missed a great party last night. You should have come.

アナタは昨日の最高のパーティーを逃したね。アナタは来るべきだったね。

それでは分かりやすく説明していきます。

例文のように、昨日は最高のパーティーだったから参加するべきだったと「後悔」について話ていますよね?アナタはそれをしなかったけど、それをしたらもっと良かったと表現したい時に、should have doneの文法を使いましょう。

覚えておくと良いポイント①

例文とは逆で、それをするべきではなかっと「後悔」を表現したい時は、shouldn’t have doneの文法をつかいましょう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

ought toの使い方

こちらの例文を見てください。

Do you think I ought to apply for this Job?

アナタは私がこの仕事を申し込むべきだと思いますか?

例文のように、するべきですか?と表現したいときに、shouldの代わりとしてought toを使うこともできるので好きな方を使いましょう。

覚えておくと良いポイント①

Ought toの否定文は、ought not toとなります。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

練習問題

今回のケンブリッジ大学イギリス英語の教科書の内容を理解できた方は、話たいことをスラスラと話せるようになるためにも実践をしていこう。

こちらの日本語を英文で作ってみてください。

私は気分が悪いです。私は、沢山食べるべきではなかった。

答えを見る前に一度自分の頭で考えましょう。答えを用意できた方は確認してみてね。

I’m feeling sick. I shouldn’t have eaten so much.

アナタの答えは正解でしたか?ミスをしたとしても、正解することよりも頭でしっかり考える習慣の方が大切です。このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

今回も、ボクの記事を読んでくれてありがとうございました。Thank you, Yuki.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です