【ケンブリッジ大学】Had betterの使い方を学ぼう【イギリス英語】

Had betterを学びたい人に必見の内容です「Had betterの使い方が分からないなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学イギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

✔️本記事の内容

  • ①Had betterの使い方
  • ②Had betterの否定文
  • ③練習問題

この記事を書いている僕は、海外旅行が大好きで20か国ほど旅行しました。イギリスとオーストラリアで3年間の海外留学の経験があり、今はハワイに住んでいます。

そんな中ある「1冊の魔法の教科書」に出会いました。

今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。

①Had betterの使い方

こちらの例文を見てください。

I have to meet Amy in 10 minutes. I had better go now.

私は10分後にAmyに会わなければいけない。私は今すぐ行ったほうが良い。

それでは分かりやすく説明していきます。

例文のように、した方が良いと「助言」について話ていますよね?何々をした方が良いよと助言をしたい時は、「Had better」の文法を使って表現しよう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

②Had betterの否定文

こちらの例文を見てください。

You don’t look very well. You had better not go out tonight.

アナタは具合が良くなさそうだね。今夜は出かけない方が良いよ。

それでは分かりやすく説明していきます。

例文のように、しない方が良いと①と同じで「助言」について話ていますよね?何々をしない方が良いよと助言をしたい時は、「Had better not」の文法を使って表現しよう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

③練習問題

今回のケンブリッジ大学イギリス英語のテキストの内容を理解できた方は、話たいことをスラスラと話せるようになるためにも実践をしていこう。

こちらの日本語を英文で作ってみてください。

アナタは傘を持ってきた方が良いよ。雨が降るかもしれないから。

答えを用意できた方は確認してみてね。

You had better bring an umbrella. It might rain.

アナタの答えは正解でしたか?ミスをしたとしても、頭でしっかり考える習慣がつけば大丈夫です。このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

日本の学校では習わないケンブリッジ大学のテキストに基づいたイギリス英語の内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です