【ケンブリッジ大学】Mayとmightの違い①【イギリス英語】

mayとmightを学びたい人に必見の内容です「mayとmightの使い方が分からないなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学イギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

✔️本記事の内容

  • ①mayの使い方
  • ②mightの使い方
  • ③練習問題

この記事を書いてる僕は、海外旅行が大好きで20か国ほど旅行しました。イギリスとオーストラリアで3年間の海外留学の経験があり、今はハワイに住んでいます。

そんな中ある「1冊の魔法のテキスト」に出会いました。

今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。ちゃんとした英語学習をしましょう。

①mayの使い方

こちらの例文を見てください。

It may be true.

それは本当かもしれない。

それでは分かりやすく説明していきます。

例文では、それは本当かもしれないと「可能性」について話していますよね?可能性のある何かについて表現したいときに、mayの文法を使います。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

②mightの使い方

こちらの例文を見てください。

It might be true.

それは本当かもしれない。

それでは分かりやすく説明していきます。

①のmayの文法と全く同じ意味なのですが、起りえる可能性が変わってきます。mightは、mayに比べて起こりえる可能性が低くなります。なので、①よりも低い可能性で、それは本当かもしれないとなります。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

③練習問題

今回のケンブリッジ大学のイギリス英語のテキストの内容を理解できた方は、話たいことをスラスラと話せるようになるためにも実践をしていこう。

こちらの日本語を英文で使ってみてください。

彼はオフィスにいるかも知れない。

答えを見る前に一度自分の頭で考えましょう。答えを用意できた方は確認してみてね。

He may be in his office.

それでは最後に(まとめ)として、説明していきます。

彼はオフィスにいるかも知れないと「可能性」について話していますよね?このような場合は、mayの文法を使います。可能性を下げたいのであればmightの文法を使いましょう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

日本の学校では習わないケンブリッジ大学のテキストに基づいたイギリス英語の内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です