【ケンブリッジ大学】Mustとcan’tを学ぼう【イギリス英語】

Mustとcan’tを学びたい人に必見の内容です「Mustとcan’tの使い方がわからないなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学イギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

✔️本記事の内容

  • ①Mustの使い方
  • ②can’tの使い方
  • ③練習問題

この記事を書いてる僕は、海外旅行が大好きで20か国ほど旅行しました。イギリスとオーストラリアで3年間の海外留学があり、今はハワイ在住です。

そんな中ある「一冊の魔法のテキスト」に出会いました。

今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。ちゃんとした英語学習をしましょう。

①Mustの使い方

こちらの例文を見てください。

Louise must get very bored in her job.

Louiseは仕事でうんざりしてるにちがいない。

She dose the same thing every day.

彼女は毎日同じことをしている。

それでは分かりやすく説明していきます。例文のように、彼女は毎日同じことをしているから、うんざりしているだろうと断定していますよね?アナタが思っている何かが確実なことを表現したい時に、mustの文法を使います。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

②can’tの使い方

こちらの例文を見てください。

You’ve just had lunch.

あなたはちょうどランチを食べたばかりです。

You can’t be hungry already.

あなたがすでにお腹がすくなんてありえない。

それでは分かりやすく説明していきます。例文のように、ランチを食べたすぐにお腹が空くことなんてありえないですよね?アナタが思っている何かが不確実なことを表現したいときはcan’tの文法を使いましょう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

③練習問題

話たいことをすぐに話せるようになるためにも、すぐ頭で考えられるように実践をしてみよう。

こちらの日本語を英文で作ってみてください。

①私の家は高速道路の近くだよ。

②それはうるさいだろうね。

答えを見る前に一度自分の頭で考えましょう。答えを用意できた方は確認してみてね。

①My house is very near the motorway.

②It must be very noisy.

それでは最後に(まとめ)として、説明していきます。

家が高速道路の近くなんて、うるさい事なんて断定できますよね?なのでmustの文法を使いましょう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

日本の学校では習わないケンブリッジ大学のテキストに基づいたイギリス英語の内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です