【ケンブリッジ大学】Whenとifの違いを学ぼう【イギリス英語】

Whenとifの違いについて学びたい人に必見の内容です「Whenとifの使い方がわからないなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学イギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

✔️本記事の内容

  • ①Whenの使い方
  • ②ifの使い方
  • ③実践をしよう

今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。ちゃんとした英語学習をしましょう。

①Whenの使い方

こちらの例文を見てください。

I’m going out later for sure. When I go out, I will get some bread.

確実にあとで出かけるよ。私が出かけるとき、何かパンをもらうわ。

それでは分かりやすいように、説明していきます。

確実に起こることを表現したいときは、whenの文法を使いましょう。

例文では(確実にあとで出かける)と言っていますよね?なので、whenの文法を使いましょう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

②ifの使い方

こちらの例文を見てください。

It’s raining hard. We’ll get wet if we go out.(if we will go)

雨が激しいです。もし外に出たら濡れますよ。

それでは分かりやすいように、説明していきます。

起こる可能性があることを表現したいときは、whenではなくてifの文法を使いましょう。

⚠︎注意する点は、ifを使ったあとは現在形を未来のことでも使いましょう。

もし外に出たら雨に濡れると「可能性」と「未来」について話していますよね?なので、ifの文法を使いましょう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

③実践をしよう

話たいことをすぐに話せるようになるためにも、すぐ頭で考えられるように実践してみよう。

こちらの日本語を英文で使ってみてください。

もし夕方に雨が降っていたら、私は出かけない。

答えを見る前に一度自分の頭で考えましょう。答えを用意できた方は確認してみてね。

If it is raining this evening, I won’t go out. (when it is raining)

それでは最後に(まとめ)として、説明していきます。

もし雨が降っていたらと「可能」について話していますよね?それに出かけないと「未来」について話ています。このような場合はIfに文法と現在形を使います。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

日本の学校では習わないケンブリッジ大学のテキストに基づいたイギリス英語の内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です