【ケンブリッジ大学】Can, couldとbe able toを学ぼう【イギリス英語】

Can, couldとbe able toの違いについて学びたい人に必見の内容です「Can, couldとbe able toの使い方がわからないなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学イギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

✔️本記事の内容

  • ①Canの使い方
  • ②couldの使い方
  • ③be able toの使い方

今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。ちゃんとした英語学習をしましょう。

①Canの使い方

こちらの例文を見てください。

①We can see the lake from our hotel.

①私たちは、ホテルから湖が見える。

②I don’t have a pen. You can use mine.

②ペンを持っていません。あなたは私のペンを使っていいよ。

Can you speak any foreign languages?

③あなたは外国語を話せますか?

それでは分かりやすく説明していきます。

誰かが何かをする能力を持っていたり、何か許された事や可能な事について表現したいときにcanの文法を使います。

①では、湖が見えると「可能」なことについて話しています。②では、ペンを使っていいよと「許された」ことについて話しています。③では、外国語を話せますか?と「能力」について話しています。

ここでcanの代わりに、be able toも使えてニュアンスも変わらないですがcanの方が自然ですよ。

しっかりと覚えましょう!!!このようにケンブリッジ大学イギリス英語には説明してあります。

②couldの使い方

こちらの例文を見てください。

①We had a lovely room in the hotel. We could see the lake.

①私たちのホテルの部屋は素敵だった。湖を見れました。

②My grandfather could speak five language.

②私のおじさんは5ケ国語も話せました。

それでは分かりやすく説明していきます。

誰かが過去に何かをする能力を持っていたり、canの過去を表現したいときにcouldを使います。

①は、ただのcanの過去形であり皆さんにとっても簡単だと思います。②は、おじさんが5ヶ国語も話せましたと「過去の能力」について話していますよね。

しっかりと覚えましょう!!!このようにケンブリッジ大学イギリス英語には説明してあります。

③be able toの使い方

こちらの例文を見てください。

The fire spread through the building very quickly, but fortunately everybody was able to escape.

火事はとても早く建物に広がった、しかし幸運にもみんな避難できました。

それでは説明していきます。

誰かが明確な状況でなにかをしていることを表現したいときは、be able to もしくはmanaged toの文法を使います。

火事だからみんなが避難をしているって「誰かが明確な状況でなにかをしています」このような場面では、couldは使わないので気をつけましょう。

しっかりと覚えましょう!!!このようにケンブリッジ大学イギリス英語には説明してあります。

日本の学校では習わないケンブリッジ大学のテキストに基づいたイギリス英語の内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です