【中級者編】Unit18, ネイティブのUsed to doの使い方をケンブリッジ大学の本で学ぼう!【イギリス英語】

日本の学校では習わないネイティブのUsed to doの使い方を学びたい人に必見の内容です『Used to doの使い方が分からないなぁ、、、どんな場面で使い分けができるのか知りたいなぁ…。』

こう言った疑問に答えていきます。

✔️本記事の内容

  • ①Used to doの使い方
  • ②まとめ

※グローバルで本気で活躍したいという目標をお持ちの方は是非こちらの記事もお読みください。

マジで英語学習をしたい人にオススメな本1冊【行動の重要性も解説する】 少し話は変わりますが、最近YouTubeにて英語学習チャンネルを開設しました。皆さんの頭の中がグローバル化するに違いないので、ボクの動画をお楽しみ下さい!リンクはこちら⇨https://youtu.be/I3wKBtSpF_k

今日も日本の学校・英会話では習えないイギリス英語をケンブリッジ大学の本に基づいて学んでいきましょう。

①Used to doの使い方

過去(以前)にしていた行動や起きたことで、今はしない、起きないことについてused to を使います。
  • I used to play tennis a lot, but I don’t play very much now.
  • (以前は)テニスをよくしていたけれど、今はそんなにしない。
過去(以前)はそうであったけれど、今は違うということに対しても used to を使います。
  • This building is now a furniture shop. It used to be a cinema.
  • この建物は今は家具屋だ。(以前は)映画館だった。
used to do は過去形です。現在形にはできません。(❌I use to play…) 過去形なので疑問形は Did を使います。
  • Did you used to eat a lots of sweets when you were a child?
  • こどもの頃、お菓子をたくさん食べましたか?
否定形は2種類の表現があります。 didn’t を使う I didn’t use to like him. used not to を使う I used not to like him. used to と過去進行形との違い used to → 過去(以前)にしていた行動、起きていたこと。今はしていない起きていない。
  • I used to watch TV a lot.
  • 私はテレビをたくさん見ていた。(今は以前のようには見ない)
過去進行形 → 過去一点でしていた行動、起きていたことを表しています。
  • I was watching TV when Rob called.
  • ロブが呼んだ時、私はテレビを見ていた。
ロブが呼んだという過去の一点でしていた行動はテレビを見ていることだった。 used to do と be used to doing の違い be used to doing の to は前置詞の to なので doing (動名詞)と組み合わせることができます。 意味の違いは used to do が過去(以前)にしていた行動や起きたことで、今はしない、起きないことを表すのに対して、 be used to doing は慣れていることを表します。
  • I used to live alone.
  • 私は一人暮らしをしていた。(今はしていない)
  • I am used to living alone.
  • 私は一人暮らしに慣れている。

②まとめ

ケンブリッジ大学の本に基づいて、イギリス英語を学ぶのはいかがでしたか?大切なポイントをUnit毎にまとめています。

もっと細かいところまで学びたい、どんどん英語を上達させたいという方は、僕の記事の参考書になっている本を購入して練習問題をどんどん解く事をオススメします。

一番安い値段のリンクをアマゾンから持ってきたので、こちらがオススメです。このリンクからご購入頂いた方にだけ、僕から感謝を込めて更なる情報を提供させて頂きます。

ボクが5年間、英語学習をしてきて1番良かった英単語の本もオススメします。

今回も僕の記事をお読み頂きありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です