【中級者編】Unit92, ネイティブのWho / that / whichの使い方をケンブリッジ大学の本で学ぼう!

日本の学校では習わないWho / that / whichの使い方を学びたい人に必見の内容です『Who / that / whichの使い方が分からないなぁ、、、どんな場面で使い分けができるのか知りたいなぁ…。』

こう言った疑問に答えていきます。

✔️本記事の内容

  • ①Who / that / whichの使い方
  • ②まとめ

※グローバルで本気で活躍したいという目標をお持ちの方は是非こちらの記事もお読みください。

マジで英語学習をしたい人にオススメな本1冊【行動の重要性も解説する】

少し話は変わりますが、最近YouTubeにて英語学習チャンネルを開設しました。リスニングの練習がてらボクの動画をお楽しみ下さい!リンクはこちら→https://youtu.be/tYITfzAsLAE

今日も日本の学校・英会話では習えないイギリス英語をケンブリッジ大学の本に基づいて学んでいきましょう。

①Who / that / whichの使い方

  • The woman who lives next door is a doctor.
  • となりに住んでいる女性は医者だ。

who lives next door の部分を、relative clause(関係詞節)と言います。

関係詞節はそのひと、ものについての説明に使われます。

ひとに対しては、who もしくは、that を使います。

  • The woman that / who lives next door is a doctor.
  • となりに住んでいる女性は医者だ。

ものに対しては、which もしくは、that を使います。

  • Where is the cheese that / which was in the fridge?
  • 冷蔵庫にあったチーズはどこ?

関係詞節には、who, that, which しか使いません。

he, she, they, it 等は関係詞節に使いません。

  • Where is the cheese? It was in the fridge.
  • チーズはどこ?それは冷蔵庫にありました。

(It を使っているので、2文に分けています)

  • Where is the cheese that was in the fridge?
  • 冷蔵庫にあったチーズはどこ?

what と that の比較

what = the thing(s) that

that は説明するもの、ひとの動作状態を表します。

what は物事、事柄を説明していて名詞の役割が含まれています。

  • What happened was my fault.
  • 起こったことは私の責任です。

(what happened = the things that happened)

  • Everything that happened was my fault.
  • すべて起こったことは私の責任です。

(❌everything what happened とは言いません)

②まとめ

ケンブリッジ大学の本に基づいて、イギリス英語を学ぶのはいかがでしたか?大切なポイントをUnit毎にまとめています。

もっと細かいところまで学びたい、どんどん英語を上達させたいという方は、僕の記事の参考書になっている本を購入して照らし合わせながら練習問題も解く事をオススメします。

ボクが5年間、英語学習をしてきて1番良かった英単語の本もオススメします。

今回もボクの記事を読んでくれてありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です