【English Grammar in Use】Unit68, 動名詞を使った表現方法をケンブリッジ大学の本で学ぼう!

日本の学校では習わない動名詞を使った表現方法を学びたい人に必見の内容です『動名詞を使った表現方法が分からないなぁ、、、どんな場面で使い分けができるのか知りたいなぁ…。』

こう言った疑問に答えていきます。

✔️本記事の内容

  • ①動名詞を使った表現方法
  • ②まとめ

※グローバルで本気で活躍したいという目標をお持ちの方は是非こちらの記事もお読みください。

マジで英語学習をしたい人にオススメな本1冊【行動の重要性も解説する】

少し話は変わりますが、最近YouTubeにて英語学習チャンネルを開設しました。リスニングがてらボクの動画をお楽しみください。リンクはこちら→https://youtu.be/dTkp7VyVb9c

今日も日本の学校・英会話では習えないイギリス英語をケンブリッジ大学の本に基づいて学んでいきましょう。

①動名詞を使った表現方法

動名詞(ing形)を使った表現

こちらの会話の流れを見てください!

  1. Joe was playing football. ジョーはサッカーをしていた。
  2. He hurt his knee. 彼はひざをけがした。

ふたつに分かれた文を動名詞を使ってまとめて言うことができます。

  • Joe hurt his knee playing football.
  • ジョーはサッカーをしている時にひざをけがした。

次に、こちらの例文を見てください!

  1. You were feeling tired. あなたは疲れていた。
  2. So you went to bed early. それで、早く寝た。

ふたつに分かれた文を動名詞を使ってまとめて言うことができます。

  • Feeling tired, I went to bed early.
  • 疲れていたので、早く寝た。

✔️覚えておくと良いポイント

最初の文節が動名詞で始まる場合は、Feeling tired, I went to bed early. のように『,』コンマを使います。

  • He doesn’t have much money, because he is unemployed.
  • 彼はあまりお金を持っていない、なぜなら無職だから。

この文を動名詞を使った文に言い換えると、

  • Being unemployed, he doesn’t have much money.
  • 無職なので、彼はあまりお金を持っていない。

ふたつの出来事が同時に起こる時にも、動名詞の文節が使えます。

  • Kate is in the kitchen and she is making coffee.
  • ケイトはキッチンにいてコーヒーを作っている。

and でつながれたふたつの文を動名詞を使ってひとつの文にできます。

  • Kate is in the kitchen making coffee.
  • ケイトはキッチンにいてコーヒーを作っている。

ひとつの出来事が起きている間に別の出来事が起きたという場合も、動名詞の文節は使えます。その時、動名詞を使うのは起きている期間が長い出来事の(進行形になる)方です。

Joe hurt his knee while he was playing football.

ジョーはサッカーをしている時にひざをけがした。

  • Joe hurt his knee playing football.
  • ジョーはサッカーをしている時にひざをけがした。

while や when の後に動名詞を使うことができます。

  • Joe hurt his knee while playing football.
  • ジョーはサッカーをしている時にひざをけがした。

ふたつの出来事が別々の時間に起こった時(ひとつめの出来事が起きた後にふたつめの出来事が起きた)、ひとつめの出来事を having + 過去分詞を使って表現します。

  • Having already seen the film twice, I didn’t want to see it again.
  • すでにその映画を2度観たので、もう観たくなかった。

ふたつの出来事が別々の時間に起こった時(ひとつめの出来事が起きた後にふたつめの出来事が起きた)、ひとつめの出来事を after + 動名詞を使って表現することもできます。

  • After finishing her work, she went home.
  • 彼女は仕事を終えた後、家に帰った。

ふたつの出来事が別々の時間に起こった時(ひとつめの出来事が起きた後にふたつめの出来事が起きた)でも、その時間の間隔がとても短い時には、動名詞を使うことができます。

  • Taking a key out of his pocket, he opened the door.
  • 彼はポケットから鍵を取り出し、ドアを開けた。

②まとめ

ケンブリッジ大学の本に基づいて、イギリス英語を学ぶのはいかがでしたか?大切なポイントをUnit毎にまとめています。

もっと細かいところまで学びたい、どんどん英語を上達させたいという方は、僕の記事の参考書になっている本を購入して照らし合わせながら練習問題も解く事をオススメします。

ボクが5年間、英語学習をしてきて1番良かった英単語の本もオススメします。

今回もボクの記事を読んでくれてありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です