【English Grammar in Use】Unit65, 形容詞 + toの使い方をケンブリッジ大学の本で学ぼう!

日本の学校では習わない形容詞 + toの使い方を学びたい人に必見の内容です『形容詞 + toの使い方が分からないなぁ、、、どんな場面で使い分けができるのか知りたいなぁ…。』

こう言った疑問に答えていきます。

✔️本記事の内容

  • ①形容詞 + toの使い方
  • ②まとめ

※グローバルで本気で活躍したいという目標をお持ちの方は是非こちらの記事もお読みください。

マジで英語学習をしたい人にオススメな本1冊【行動の重要性も解説する】

少し話は変わりますが、最近YouTubeにて英語学習チャンネルを開設しました。リスニングの練習がてらボクの動画をお楽しみください。リンクはこちら→https://youtu.be/MNN_TT7UBB0

今日も日本の学校・英会話では習えないイギリス英語をケンブリッジ大学の本に基づいて学んでいきましょう。

①形容詞 + toの使い方

  • James doesn’t  speak very clearly. 
  • ジェームズははっきりと話さない。

形容詞(adjective)+ to不定詞(to + 動詞の原形)

形容詞 difficult + to不定詞 to understand を使ってジェームズのことを表現するのにふたつの言い方があります。

  • It is difficult to understand him.
  • 彼を理解するのはむずかしい。

次に、こちらの例文を見てください。

  • He is difficult to understand.
  • 彼は理解するのにむずかしい。

difficult to understand の difficult と同じように to不定詞と合わせて使うことができる形容詞に、

  1. easy
  2. nice
  3. safe
  4. cheap
  5. exciting
  6. impossible
  7. hard
  8. good
  9. dangerous
  10. expensive
  11. interesting  

等がありますので、覚えておきましょう!

Nicola has lots of interesting idea.

ニコラは興味深い考えをたくさん持っている。

こちらの文を形容詞とTo不定詞を使って2パターンで紹介します。

  • It’s interesting to talk to her.
  • 彼女と話すのはおもしろい。

次にこちらを見てください。

  • Nicola is interesting to talk to.
  • ニコラは話すのにおもしろい。

これらの形容詞は、形容詞 + 名詞 + to不定詞の形でも使うことができます。

  • This is a difficult question (for me) to answer.
  • これは答えるのがむずかしい質問だ。

次に、形容詞 + of + 人 + to不定詞の使い方を学ぼう!

nice + of + 人 + to不定詞

  • It was nice of you to take me to the airport. 
  • 空港まで送ってくれてありがとうございました。

 

  • kind, (in)considerate, generous, mean, careless, silly, stupid, unfair

等の形容詞は、同じように 形容詞 + of + 人 + to不定詞の形をとることができます。

  • I think it was unfair of him to criticise(英) / criticize(米) me.
  • 彼が私を批判するのは不公平だと思った。

to不定詞と合わせて反応や感情を表すことができる形容詞に、

glad, pleased, relieved, surprised, amazed, amazed, sad, disappointed … 等があります。

  • It was a long and tiring journey. We were glad to get home.
  • それは長く疲れる旅だった。家に着いたことが嬉しかった。

The first / second / third, the next, the last, the only … 等 + (名詞) + to不定詞

  • The next train to arrive at platform 4 will be the 10:50 to Liverpool.
  • 次にプラットフォーム4に到着する電車は10時50分リバプール行きです。

sure, certain, likely, bound … 等の

確率、可能性、確信の程度を表す形容詞 + to不定詞

  • I’m likely to get home late tonight. = I will probably get home late.
  • 今夜は家に着くのが遅くなりそうだ。

②まとめ

ケンブリッジ大学の本に基づいて、イギリス英語を学ぶのはいかがでしたか?大切なポイントをUnit毎にまとめています。

もっと細かいところまで学びたい、どんどん英語を上達させたいという方は、僕の記事の参考書になっている本を購入して照らし合わせながら練習問題も解く事をオススメします。

ボクが5年間、英語学習をしてきて1番良かった英単語の本もオススメします。

今回もボクの記事を読んでくれてありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です