【ケンブリッジ大学】Will be doingとwill have doneの違い【イギリス英語】

will be doingとwill have doneの違いについて学びたい人に必見の内容です「will be doingとwill have doneの使い方がわからないなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学イギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

✔️本記事の内容

  • will be doingの使い方
  • will have doneの使い方
  • will have doneの練習

今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。ちゃんとした英語学習をしましょう。

①will be doingの使い方

こちらの例文を見てください。

This time next week I will be on holiday.

来週の今頃は、私は休暇をとります。

I will be lying on the beach.

私は、海で横になっているでしょう。

それでは分かりやすく説明していきます。

未来について何かをしているでしょう」と表現したいときは、will be doingの文法を使います。

⚠︎注意する点としては、will beの文法を使うときは動詞がingになります。willの文法を使うときは動詞がそのままの原形となります。ニュアンスは同じなので好きな方の文法を使いましょう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

②will have doneの使い方

こちらの例文を見てください。

We are late.

私たちは遅刻です。

The film will have started by the time we get to the cinema.

私たちが映画館に着いたときには、その映画は始まっています。

未来と過去の文法が混ざっていて分かりにくいですね。けど、分かりやすく説明していきます。

未来についてだけど、すでに何か完了しているでしょう」と表現したいときは、will have doneの文法を使いましょう。

私たちが映画館に着いたときにはと(未来)について話していますよね?けど、映画はもう始まっていると(完了)になっていますよね。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

will have doneの練習

話たいことをすぐに話せるようになるためにも、すぐ頭で考えられるようにwill have doneの文法を使って実践してみよう。

こちらの日本語を英文で作ってみてください。

①彼女はいつも朝の08:30には仕事に向かいます。

②9時には仕事場にいます。

答えを見る前に一度自分の頭で考えましょう。答えを用意できた方は確認してみてね。

①She always leaves for work at 8:30 in the morning.

②she will have gone to work at 9am.

それでは最後に(まとめ)として、説明していきます。

①では、彼女はいつもと日常のルーティンについて話しています。このようなときは、現在形を使うと前の記事で説明しました。

そこで②では、9時には仕事場にいると未来についてですけど、完了形でもあります。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

英語を話せるようになるために大切なのは常に頭で考えて口に出すことです。すぐに答えを求めるとその習慣がつきません。

日本の学校では習わないケンブリッジ大学のテキストに基づいたイギリス英語の内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です