【ケンブリッジ大学】willとshallの違い①【イギリス英語】

willshallの違いについて学びたい人に必見の内容です「willとshallの違いがわからないなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学イギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

✔️本記事の内容

  • willの使い方
  • shallの使い方
  • willとshallの練習

今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。ちゃんとした英語学習をしましょう。

①willの使い方

こちらの例文を見てください。

What would you like to drink?

何を飲みたいですか?

I will have an orange juice.

オレンジジュースをください。

それでは説明していきます。何かする事をその場で決めたときに表現したいときに、willの文法を使う。「オレンジジュースをください」とその場で決めていますよね。しっかりと覚えましょう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

shallの使い方

こちらの例文を見てください。

Shall I open the window?

私がドアを閉めましょうか?

それでは説明していきます。Shall IとかShall weは、ほとんど疑問形で使われます。誰かに意見を求めるときです。しっかりと覚えましょう。

なので例文のニュアンスとしては、あなたは私にドアを閉めてほしいですか?という感じになります。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

willとshallの練習

話たいことをすぐに話せるようになるためにも、すぐ頭で考えられるようにwillshallの文法を使って実践してみよう。

こちらの日本語を英文で作ってみてください。

①Lucyに電話をしましたか?忘れてた。今から彼女に電話をします。

②どこで私たちはランチをしますか?

答えを見る前に一度自分の頭で考えましょう。答えを用意できた方は確認してみてね。

①Did you phone Lucy? I forgot. I will phone her now.

②Where shall we have lunch?

それでは最後に(まとめ)として、説明していきます。

①では今から電話をするとその場で決めていますよね?こういう場合には、willを使うと説明しました。

②は相手にどこでランチをすると意見を求めていますよね?このようなときは、shallを使います。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

英語を話せるようになるために大切なのは常に頭で考えて口に出すことです。すぐに答えを求めるとその習慣がつきません。

日本の学校では習わないケンブリッジ大学のテキストに基づいたイギリス英語の内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です