【ケンブリッジ大学】Used to doの使い方を学ぼう【イギリス英語】

Used to doの使い方を学びたい人に必見の内容です「Used to doの使い方がわからないなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学イギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

✔️本記事の内容

  • Used to doの使い方①
  • Used to doの使い方②
  • Used to doの疑問・否定文
  • Used to doの練習

今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。ちゃんとした英語学習をしましょう。

Used to doの使い方①

こちらの例文を見てください。

She prefers to stay at home nowadays.

最近、彼女は家にいる方を好みます。

But she used to go away a lot.

しかし、彼女は前はたくさん出かけていました。

それでは分かりやすいように解説します。

この例文のように、彼女はたくさん出かけていたけど、今はもう家にいる方がいいと話していますよね?

過去によくしていたけど、今はそれをもうしていないと表現したいときにUsed to doの文法を使います。

⚠︎注意する点は、Used to doの文法は過去形にしか使えないので間違えてUse to doなどを使わないようにしましょう。今よくしている事を表現したいときは、I doの文法を使おう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

Used to doの使い方②

こちらの例文を見てください。

This building is now a furniture shop.

この建物は今は家具屋です。

It used to be a cinema.

それは昔は映画館でした。

それでは分かりやすいように説明していきます。

この例文のように、今は家具屋だけど昔は映画館だったと話していますよね?

この例文のように、今はもはや本当のことではないけど、昔は本当だったと表現したいときにもUsed to doの文法を使おう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

Used to doの疑問・否定文

疑問文でUsed to doを使いたいときはこのようになります。

Did you use to eat a lot of food when you were a child?

否定文でUsed to doを使いたいときはこのようになります。

I didn’t use to like him. or I used not to like him.

しっかりと疑問文・否定文の使い方も覚えましょう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

Used to doの練習

話たいことをすぐに話せるようになるためにも、すぐ頭で考えられるようにUsed to doの文法を使って実践してみよう。

こちらの日本語を英文で作ってみてください。

私は昔は一人で住んでいました。

答えを見る前に一度自分の頭で考えましょう。答えを用意できた方は確認してみてね。

I used to live alone.

この例文のニュアンスとしては昔は一人で住んでいたけど、今はだれかと住んでいるとなります。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

英語を話せるようになるために大切なのは常に頭で考えて口に出すことです。すぐに答えを求めるとその習慣がつきません。

日本の学校では習わないケンブリッジ大学のテキストに基づいたイギリス英語の内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です