【ケンブリッジ大学】I’m doingとI’m going to doの違い【イギリス英語】

I’m doingI’m going to doの違いについて学びたい人に必見の内容です「I’m doingとI’m going to doの違いがわからないなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学イギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

✔️本記事の内容

  • ①I’m doingとI’m going to doの違い
  • ②I’m going to doを未来形で使うとき
  • ③I’m going to doの練習

今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。ちゃんとした英語学習をしましょう。

①I’m doingとI’m going to doの違い

こちらの例文を見てください。

I am leaving tomorrow. I’ve got my plane ticket.

①私は明日去ります。航空券を持っています。

Your shoes are dirty. Yes, I am going to clean them.

②あなたのシューズは汚いね。はい、それらを洗うつもりでいます。

これらの例文を見たときにニュアンスの違いに気がつきましたか?それでは説明していきます。

何かすることを手配したとき、例えば(誰かと会うことどこかに行くこと)などを手配したと表現したいときは、①のようにI am doingの文法を使いましょう。航空券を持って明日去るともう手配されていますよね。

それをやると決めたけど、もしかしたら「やると決めたこと」を手配できないかも知れないときは、②のようにI am going to doの文法を使いましょう。①とは違って、シューズを洗うと決めたけど、まだ実行はしていないし、洗わない場合もありますよね。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

②I’m going to doを未来形で使うとき

こちらの写真と例文を見てください。

The man isn’t looking where he is going.

その男は彼が行く方を見ていない。

He is going to walk into the wall.

彼は壁に向かって歩いている。

それでは分かりやすく説明していきます。

その今の状況がどのような結果になるか明らかに分かることを表現したいときに、I am gping to doの文法も使えます。私たちが、彼を見ていたらそのまま壁にぶつかると明らかに予想できますよね。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

③I’m going to doの練習

話たいことをすぐに話せるようになるためにも、すぐ頭で考えられるようにI’m going toの文法を使って実践してみよう。

こちらの日本語を英文で作ってみてください。

黒い雲を見て。雨が降ってくるよ。

答えを見る前に一度自分での頭で考えましょう。答えを用意できた方は確認してみてね。

Look at those black clouds! It is going to rain.

こちらは②で説明したように、今の状況がどのような結果になるか明らかに分かリマスよね。黒い雲ということは、雨が降ることが予測できますよね。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

英語を話せるようになるために大切なのは常に頭で考えて口に出すことです。すぐに答えを求めるとその習慣がつきません。

日本の学校では習わないケンブリッジ大学のテキストに基づいたイギリス英語の内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です