【ケンブリッジ大学】I willとI’m going toの違い【イギリス英語】

I willとI’m going toの違いについて学びたい人に必見の内容です「I willとI’m going toの違いがわからないなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学イギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

✔️本記事の内容

  • ①I willの使い方
  • ②I’m going toの使い方
  • ③I willとI’m going toの練習

今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。ちゃんとした英語学習をしましょう。

①willの使い方

こちらの例文を見てください。

こちらの英文を訳すと、

SARAH : パーティーを開きましょう。

HELEN : 素晴らしアイデアね。たくさんの人を招待しようよ。

それでは、HELENが使っているI willの文法について簡単に説明していきます。

新しい決め事を知らせるときwillの文法を使います。そのパーティーは新しいアイデアです。つまり、今決めたことを表現したいときはwillの文法となります。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

次に、I’m going toのニュアンスについて学んでいきましょう。

②I’m going toの使い方

こちらの例文を見てください。

こちらの例文を訳すと、

HELEN : Sarahと私はパーティーを開くことを決めたわ。私たちはたくさんの人を招待するつもりだわ。

それでは、HELENが使っているI’m going toの文法を説明していきます。

私たちが何かすることをすでに決めたこと表現したいときはI’m going toの文法を使います。①と②の会話はつながっていて、HELENは①でSARAHとたくさんの人を招待すると決めました。②では、その決めたことについてDANに話していますよね。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

I willとI’m going toの使い方を理解したうえで、次は練習してみよう。

③I willとI’m going toの練習

話たいことをすぐに話せるようになるためにも、すぐ頭で考えられるようにI willI’m going toの文法を使って実践してみよう。

こちらの日本語を英文で使ってみてください。

①Annaは病院です。知らなかった、、、彼女のところに訪れるね。

Annaは病院です。知っています。夕方に彼女のところに訪れるわ。

答えを見る前に一度自分の頭で考えましょう。答えを用意できた方は確認してみてね。

①Anna is in hospital. I didn’t know. I will visit her.

Anna is in hospital. I know. I’m going to visit her this evening.

それでは最後に(まとめ)として、説明していきます。

①では、Annaが病院にいることを知らなくて、その場で彼女を訪れると決断していますよね。なので、willの文法を使います。

②では、Annaが病院にいることを知っていて、夕方に彼女を訪れるとすでに計画していますよね。なので、I’m going toの文法を使います。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

英語を話せるようになるために大切なのは常に頭で考えて口に出すことです。過ぎに答えを求めるとその習慣がつきません。

日本の学校では習わないケンブリッジ大学のテキストに基づいたイギリス英語の内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です