【ケンブリッジ大学】I have doneとI didの違い②【イギリス英語】

I have doneI didの違いについて学びたい人に必見の内容です「I have doneとI didの違いがわからないなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学イギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

✔️本記事の内容

  • I have doneとI didの使いわけ①
  • I have doneとI didの使いわけ②
  • I have doneとI didの使いわけ③

今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。ちゃんとした英語学習をしましょう。

I have doneとI didの使いわけ①

こちらの例文を見てください。

①It was very cold yesterday. (not has been)

①昨日はとても寒かったです。

②He arrived ten minutes ago. (not have arrived)

②彼は10分前に着きました。

Did you eat a lot of sweets when you were a child? (not have you eaten)

③あなたが子供の頃に、たくさんのおやつを食べましたか?

これらの例文を見たときに何か気づきましたか?それでは説明していきます。

Yesterday / Ten minutes ago / in 2005 / when I was a childなどの終わった事について話すときは、(I have done)の文法は使わないので注意しましょう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

I have doneとI didの使いわけ②

こちらの例文を見てください。

When did your friends arrive?

①あなたの友達はいつ着きましたか?

What time did you finish work?

②あなたは仕事が何時に終わりますか?

これらの例文を見たときに何か気づきましたか?それでは説明していきます。

whenwhat timeなどの疑問文のときは、必ず(I did)の文法になります。(I have done)の文法にはならないので、気をつけましょう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

I have doneとI didの使いわけ③

こちらの例文を見てください。

We have been waiting for an hour.

①私たちは1時間待ち続けている。

We waited (or were waiting) for an hour.

②私たちは1時間待っていた。

なんとなく①と②でニュアンスが違うのが分かりますよね?同じ1時間待っていたという意味でも①のWe have been waiting for an hourは今もまだ待っている状態に比べて、②のWe waited (or were waiting) for an hourは今はもう待っていないという状況を表します。

これは前回の記事の内容に似ていて、今もまだ続いている状態なら(I have done)の文法を使い、もう終わっている状態なら(I did)の文法を使うようにしましょう。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

このように場面によってしっかりと使い分けましょう。日本の学校では習わないケンブリッジ大学のテキストに基づいたイギリス英語の内容となっています。ちゃんとした英語学習をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です