【ケンブリッジ大学】I had doneを学ぼう【イギリス英語】

I had doneについて学びたい人に必見の内容です「I had doneの使い方がわからないなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学イギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

✔️本記事の内容

  • I had doneの使い方
  • I had doneとI have doneの比較
  • I had doneの練習

今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。ちゃんとした英語学習をしましょう。

I had doneの使い方

こちらの例文を見てください。

Sarah went to party last week, Paul went to the party too, but they didn’t see each other.

サラは先週にパーティーに行きました、ポーラも同じく行きました、しかし彼らは会わなかった。

When Sarah arrived at 11 o’clock, Paul wasn’t there.

サラが11時についた時には、ポールはいなかった。

He had gone home.

彼は帰宅していた。

このようにI had doneの文法を使います。それでは分かりやすく説明していきます。

この例文のように、先週パーティーに行ったと過去の話をしています。これは今につながる過去ではなくて、過去につながる過去の話なのでI had doneの文法を使うことになります。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

今につながる過去とは

今につながる過去についての例文を見てみましょう。

I’m at the party now, but I didn’t see my friend.

私は今パーティーにいます、しかし友達に会えなかった。

Your friend has gone home.

あなたの友達は帰宅したよ。

今につながる過去を表したいときは、I have doneの文法を使います。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

I had doneの練習

話たいことをすぐに話せるようになるためにも、すぐ頭で考えられるようにI had doneの文法を使って練習してみよう。

こちらの日本語で英文を作ってみて下さい。

カレンは私たちと映画館に行きたくなかった、なぜなら彼女はすでにその映画を見たから。

答えを見る前に一度自分の頭で考えましょう。答えを用意できた方は確認してみてね。

Karen didn’t want to go to the cinema with us, because She had already seen the movie.

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

英語を話せるようになる上で大切なのは常に頭で考えて口に出す事です。すぐに答えを求めるとその習慣がつきません。

日本の学校では習わないケンブリッジ大学のテキストに基づいたイギリス英語の内容となっています。ちゃんとした英語学習をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です