【ケンブリッジ大学】I had been doingを学ぼう【イギリス英語】

I had been doingについて学びたい人に必見の内容です「I had been doingの使い方がわからないなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学のイギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

✔️本記事の内容

  • I had been doingの使い方
  • I had been doingとI have been doingの比較
  • I had been doingの練習

今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。ちゃんとした英語学習をしましょう。

I had been doingの使い方

こちらの例文を見てください。

Yesterday morning I got up and looked out of the window.

昨日の朝起きて、窓から外を見まわしました。

The sun was shining, but the ground was very wet.

太陽は輝いていた。しかし、地面は濡れていた。

It had been raining.

雨が降っていました。

このようにI had been doingの文法を使います。それでは分かりやすく説明していきます。

この例文のように、昨日の朝起きたときは、、、と過去の話をしています。昨日起きたときは地面が濡れていたから、二日前は雨だったとさらに過去の話をしています。このように、今につながる過去ではなくて、過去につながる過去の話なのでI had been doingの文法を使います。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

I had been doingとI have been doingの比較

それでは上で学んだI had been doingの使い方とは別に、I have been doingについて学びましょう。

今につながる過去について表現するときに、I have been doingの文法を使う。

こちらの例文を見てください。

Good morning. The sun is shining, but the ground is very wet now.

おはよう。太陽は輝いているね、しかし今は地面が濡れているね。

It has been raining.

雨が降っていたね。

このようにI have been doingの文法を使います。それでは分かりやすく説明していきます。

この例文のように、おはよう、、、と起きたばかりの今の状況について話をしています。今起きたときは地面が濡れていたから、昨日は雨だったと過去について話をしています。このように、今につながる過去の話なのでI habve been doingの文法を使います。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

I had been doingの練習

話たいことをすぐに話せるようになるためにも、すぐ頭で考えられるようにI had been doingの文法を使って練習してみよう

こちらの日本語で英文を作ってみてください。

私が帰宅した時、とても疲れてました。一日中ハードにずっと仕事をしてました。

答えを見る前に一度自分の頭で考えましょう。答えを用意できた方は確認してみてね。

I was very tired when I got home. I had been working hard all day.

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

英語を話せるようになるために大切なのは常に頭で考えて口に出すことです。すぐに答えを求めるとその習慣がつきません。

日本の学校では習わないケンブリッジ大学のテキストに基づいたイギリス英語の内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です