【ケンブリッジ大学】I am doing/I doの未来形とは?【イギリス英語】

I am doingI doの未来形の使い方を学びたい人に必見の内容です「I am doingとI doが未来形でも使えるとは知らなかったなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学イギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

✔️本記事の内容

  • I am doingの未来形
  • I doの未来形
  • I am doing/I doの未来形の練習

今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。ちゃんとした英語学習をしましょう。

①I am doingの未来形

こちらの例文を見てください。

Ben is playing tennis on Monday afternoon.

彼は月曜日の午後にテニスをします。

Ben is going to the dentist on Tuesday morning.

彼は火曜日の朝に歯医者に行きます。

Ben is having dinner with Kate on Friday.

彼は金曜日にケイトとディナーをします。

この例文は、ベンがこれらの事を手配して、すでに決めたものである。

これらの例文のように、未来のことであっても何かすでに予定などを決めたことを表現したいときはI am doingの文法を使いましょう。I am going to doの文法も使えるので覚えときましょう。

⚠︎注意する点としては、未来のことを表すからといってI willの文法を必ず使うわけではありません。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

②I doの未来形

こちらの例文を見てください。

My train leaves at 11.30, so I need to be at the station by 11.15.

電車は11時30分に出発する、なので私は11時15分までに駅にいる必要がある。

What time does the film start this evening?

その映画は夕方の何時頃に始まる?

それでは分かりやすいように説明していきます。

これらの例文のように、一般の交通機関や映画館などの時刻表について話すときはI doの文法を必ず使いましょう。未来のことだからといってwillを使うわけではありません。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

I am doing/I doの未来形の練習

話たいことをすぐに話せるようになるためにも、すぐ頭で考えられるようにI am doing/I doの未来形の文法を使って実践してみよう。

こちらの日本語を英文で作ってみてください。

①私は、映画館に今日の夕方に行きます。(もう決まっている予定)

②その映画は8時に始まる。

答えを見る前に一度自分の頭で考えましょう。答えが用意できた方は確認してみてね。

①I’m going to the cinema this evening.

②The film starts at 8.

まとめ)として①は、未来のことについてだけど(もう決まっている予定)について話しているのでI am goingを使う。②は、未来についてだけど映画の時刻表について話しているのでI doの文法を使う。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

英語を話せるようになるために大切なのは常に頭で考えて口に出すことです。すぐに答えを求めるとその習慣がつきません。

日本の学校では習わないケンブリッジ大学のテキストに基づいたイギリス英語の内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です