【ケンブリッジ大学】HaveとHave gotの違い【イギリス英語】

HaveHave gotの違いについて学びたい人に必見の内容です「HaveとHave gotの違いがわからないなぁ、、、どんな場面で使いわけができるのか知りたいなぁ…。」

こういった疑問にケンブリッジ大学イギリス英語のテキストに基づいて答えていきます。

✔️本記事の内容

  • HaveとHave gotの使い方
  • HaveとHave gotの違い
  • HaveとHave gotの練習

今日も日本の学校では教えてくれないイギリス英語ケンブリッジ大学のテキストに基づいて学びましょう。ちゃんとした英語学習をしましょう。

HaveとHave gotの使い方

こちらの例文を見てください。

①They have a new car. or They have got a new car.

①私は車を持っている。

②I have a headache. or I have got a headache.

②私は頭痛です。

これらの例文を見たときに何か気づきましたか?それでは説明していきます。

保有・人間関係・病気などがあると表現したいときは、HaveでもHave gotでも意味は変わりません。なので、好きな方を使ってください。

⚠︎しかしこのような場面では、現在進行形のI’m havingの文法は絶対に使わないので気をつけてくださいね。

それに、HaveHave gotでしっかりと使いわけをしないといけない場面もあるので後ほど解説します。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

HaveとHave gotの違い

こちらの単語を見てください。

この上記の単語を使うときは、Have gotの文法は絶対に使わないので覚えましょう。Haveを必ず使います。

⚠︎けど、①番とはちがう点はこのカッコ内の単語であれば、現在完了形の文法が使えるので気をつけましょう。

こちらの例文を見てください。

We’re enjoying our holiday. We are having a great time.

私たちは休暇を楽しんでいる。素晴らしい時間を過ごしている。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

HaveとHave gotの練習

話たいことをすぐに話せるようになるためにも、すぐ頭で考えられるようにHaveHave gotの文法を使って練習してみよう。

こちらの日本語を英文で作ってみてください。

私は自分のパスポートを持っている。

答えを見る前に一度自分の頭で考えましょう。答えを用意できた方は確認してみてね。

I have a passport. or I have got my passport.

こちらの例文を①番で説明したように、保有について表すのでどちらの文法でも使えます。

このようにケンブリッジ大学イギリス英語のテキストには説明してあります。

英語を話せるようになるために大切なのは常に頭で考えて口に出すことです。すぐに答えを求めるとその習慣がつきません。

日本の学校では習わないケンブリッジ大学のテキストに基づいたイギリス英語の内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です